羽虫の発生はシロアリ駆除のサイン

毎年4月から5月になると虫の羽が落ちている、黒い蟻のような羽虫が落ちているという経験はないでしょうか。

1日から数日で収まってしまうため、どこからか虫が入り込んでいたのだろうと思い掃除して放置しているだけでは大変なことになります。

何故ならば、その羽を持った虫の正体はシロアリかもしれないからです。

教えてgoo情報が探せます。

シロアリというと色が白く空気の触れる表には出ないものという印象があり、黒い蟻のような羽虫で地面に落ちているからシロアリではないしシロアリ駆除は不要と思いがちですが、その羽虫はシロアリの可能性が高いです。家屋に住み着いたシロアリがコロニーが維持できないほど大きく膨れ上がり、元のコロニー新天地を求めて旅立った女王蟻と王蟻候補のシロアリがそれら羽虫の正体なのです。

こうなると、すでに家屋が食い散らかされ維持できない大きなコロニーとなっていると判断できます。

また、もし巣立ったシロアリたちが家屋の別の場所にコロニーを作ってしまえば今まで以上の速度で家屋が壊されていきます。

そして翌年の巣立ちの時期になればまた被害が増える可能性がある、という良くない循環に陥ります。



これら羽虫の発生は緊急性の高いシロアリ駆除のサインと捉えてください。

これ以上の被害を出さないよう、見つけ次第すみやかに専門業者に依頼しシロアリ駆除をすることが大事です。

専門家の診断の元、適切な処理を行うことで被害を最小限に留め、家屋を守ることができるのです。

シロアリの駆除のクチコミ情報を求めています。